創屋ぷれす

デジタルツイン

デジタルの双子という意味。リアル(現実)の世界に存在するモノを、デジタル上で再現すること、その枠組みです。
アバターやVTuberのようなイメージを思い浮かべるかもしれませんが、IoTなどで取得したデータをもとにデジタル上で再構成したモノを指しています。
どういうメリットがあるかというと、現物が目の前になくても、デジタルツインでその状態や使われ方を分析し、故障の予兆やメンテナンスのタイミング、
または今後のサービス展開の指針など、いろいろな判断に利用できるということですね。

現在でもいろいろな機器やサービスで実現されていて、今後はもっと対応したモノが増えていくと思われます。

Comments are closed.