創屋ぷれす

2016年ノーベル生理学・医学賞

2016年のノーベル生理学・医学賞に東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏が受賞されました.
受賞理由は,細胞内部の自食作用=オートファジーのメカニズムの解明だそうです.

オートファジーをざっくり説明すると,体の中のいらなくなったタンパク質から新しいタンパク質を作って,食事からタンパク質が摂取できなかったときに,自分で作ったタンパク質を使ってエネルギーにするっていうものです.
食事が取れなかったときに死なないようにするって感じですかね.
詳しくはこちらから

人間の体は不思議で面白いように作られてますね~.
こういった人間の機能というか生命の仕組みをIT技術で真似るってのはかなり面白いな,と思います.
例えば,ディープラーニングは人間の脳,ニューロンの動きを真似してるって言われてます.
オートファジーをモチーフにして利用したプログラム書いてみたいです.

Comments are closed.