創屋ぷれす

Dynabook

Dynabookについて調べたので書いていきたいと思います.

Dynabookとはアラン・ケイが提唱した理想のパソコンのことです.
ざっくり説明すると,
・GUI
・大きさはA4くらい
・文字+音声が扱える
・低価格(ターゲットに子どもも含まれる)
・今では当たり前の機能だが,当時では斬新な機能が豊富に盛り込まれている
更に詳しい情報はこちらから

1960年代にこういった思想をしていたアラン・ケイはどれだけ先のことを見通していたのでしょうかね…
ちなみに東芝が出しているDynabookはアラン・ケイのDynabookを意識して作られたそうなので,ちゃんと後世に伝わっているので感激ですね.

Comments are closed.