創屋ぷれす

FreeBSD

とある案件でFreeBSDを触ることになりました。

それも4.7。

今は7.0で、CURRENTは8.0です。
そして、FreeBSDを初めて触るわけです。

とりえあずインストールは(多少の問題はあったにせよ 比較的)すんなり入った。
そして、最低限、Apache, MySQL, phpを入れる必要があるわけですが、
まず、どうやって入れるのかが不明。
yum -y install httpd mysql-server php
こんな感じで終わらせたい。
とりあえず
/stand/sysinstall
からそれらをインストールできないかやってみた。
httpdはあるみたい。mysqlはない。phpは見るの忘れた(langに属するとは思いもしなかった)。
まぁよい。他の手があるさ。

どうやらFreeBSDではportsかPackagesというやつでパッケージ管理できるらしい。
前者はソースからコンパイル、後者はバイナリをインストール。
ゆとり直前世代としては、makeとかしたくない。うん。
もちろん後者を選ぶ。
pkg_add -r mysql-server

失敗

どうやらご所望のファイルがネットに挙がってないみたいだ。
そりゃそうだろと思いつつ、なんとかファイルを見つけたので
pkg_add ftp://ftp.****************/mysql-server_***.tgz

失敗

DLはできたみたいだけど、+CONTENTSファイル(Packageはこれに従ってインストールするらしい)に、
予期しない命令(@conflict)があったもよう。ただ、これはあってるぽい。
じゃあ何が問題か。
Packageが古いらしい。

やばい。面倒になってきた。

→To Be Continued

Comments are closed.