創屋ぷれす

IPv4 over IPv6

IPv4 over IPv6

IPv4は、IPアドレスの数が32ビット=2の32乗個、
枯渇が心配され、IPv6 なるものが登場しました。
IPv6は、128バイト=2の128乗個=約340澗(かん)個ですから、
半永久的に枯渇することはないわけです。

さて、
IPv4 over IPv6 とは、IPv6環境で通信を行いながら、IPv4アドレスでの通信も可能にする技術です。
IPv6パケットの中にIPv4パケットを包含、「カプセル化」と言ったりします。

インターネットに接続する方式は、

  • PPPoE方式
  • IPoE方式

があります。
PPPoEは古い方、IPoEは新しい方です。
(それぞれの詳細は後日のブログで)

IPv4は、PPPoE方式での規格となります。
電話回線を利用した接続です。

IPv6は、IPoE方式での規格となります。
次世代ネットワークを利用した接続です。

今後、IPoE方式が主流となっていきますので、
IPv4でも接続できるようにということで、
IPv4 over IPv6 があるわけです。

Comments are closed.