創屋ぷれす

インフラモニタリング

インフラモニタリングとは、道路、トンネル、橋梁といった社会インフラの老化・劣化を監視する為のシステムです。

日本では高度経済成長期に作られたインフラが800兆円分あり、従来は人が目検や打検などでチェックしていました。
少子高齢化で、チェックする人の不足という問題があり、解決策として、AI、IoT、ドローンなどを活用したシステムが注目されています。

AIの活用事例では、劣化した橋梁や道路の画像を学習し、判定に使用する事例があります。
検査を人が行う場合、高所など危険を伴うので、機械が検査してくれた方が良いですね。

Comments are closed.