創屋ぷれす

AIDMA (アイドマ) モデルとは

マーケティングで使用される 消費者の商品の購入までのプロセスを体系化した概念です。
1924年にサミュエル・ローランド・ホールによって提唱され、
100年近くたった今でも、使用されているマーケティングの基礎の一つの考え方のようです。

商品を知らない。商品を知ってはいるが忘れてしまう。という事が発生すると、消費者は購入をためらうため、
AIDMAの頭文字はそれぞれ、消費者の購入意欲を維持するためには どのようなことを注意すべきかという点でまとめられています。

Attention:消費者の注意を惹き、知ってもらう。
Interest:消費者に興味を持ってもらう。
Desire:消費者に欲しいと思ってもらう。
Memory:消費者の購入まで、記憶にとどめてもらう
Action:消費者に購入してもらう。

Comments are closed.