創屋ぷれす

融資枠

企業が銀行から一定額を一定の期間で何度でも融資を受けられる契約での融資金額の限度のこと。
銀行融資枠(コミットメントライン)とも呼ばれる。

契約の目的は銀行が企業の安定的な経営をサポート(融資)することを約束(コミット)することにある。
企業は契約期間中審査なしに融資を受けられ、不測の経済状況への対応策として用いることができる。

現在の新型コロナウイルスの拡大により、企業の融資枠の契約額・契約件数が毎月増加している。

なお、銀行融資枠の契約には銀行の厳しい審査や、一定の条件下において成立するなどの制限条項もあり、
注意が必要である。

Comments are closed.