創屋ぷれす

小中高学校の再開(2020/6/1)

やっとです・・・やっと学校、始まりました。

コロナで休校中、ぐーたらし放題だった息子は、それはそれは、かったるい。
息子の高校は、オンライン授業があったわけでもない。
進学校のお友達や、高専のお友達は、しっかりオンライン授業をしていた。

ただ、学校側から何も無かったわけでもなく、メールでのやり取りを実施していた。
毎日、体調を伺うメールが朝7時ごろに届き、体温・体調など入力して返信する。
そして、朝9時前に小テストが届き、問題に答えて返信する。
ほとんどが4択の問題。
いずれも、10時までに返信してね です。
10時過ぎると締め切られて、受け付けられないらしい。
息子、寝坊して返信できなかった日は、散々、こき下ろした。

紙の課題も郵送されていて、昨夜は、必死で書こうとするも、
「分からん」と言って進んでいなかった。
数学を見たが予習問題で、確かに・・・・うん、
初めて見る者にとっては理解できないかも。

課題の与え方って適切ですか?
と思う一方、皆足並みそろえることも、なかなか困難なんだろう。

昨日「Google Classroom」をインストールせよと学校から言われ、
「分からん」と言ってきたので一緒にインストールした。
「Google Classroom」は、創屋ぷれすの用語集にも掲載。

Google Classroom

姉の専門学校ではzoomが採用され、同じように
「お母さん、分からん」と言ってきた。
学校からの決まり通りに、名前に学籍番号を入れるのに
プロフィールの編集をどうしたらいいかって。

手順どおりやればいいと思われてるけど、
バージョン違いとかで、手順書の画面と違う画面が出てくると戸惑っている。
「勘」が働かないというか、「勘」が無いのです。
まだ、経験もない若者ですから。

こんな現状・・・
だから、せめて母ちゃんが「分からん」とならないように、頑張ろうと思うのです。

Comments are closed.