創屋ぷれす

基本情報技術者試験改正

2019年1月24日、IPA(情報処理推進機構)より
基本情報技術者試験の改正予定が発表されました。

変更点は以下になります。
変更の理由として、機械学習やAIを活用できる人材の需要の増加だと想像できます。

・2019年秋季からの変更
 ・理数能力を重視し、線形代数、確率・統計等、数学に関する出題比率を増やす

・2020年春季からの変更
 ・プログラミング言語の改廃
  ・COBOLの廃止
  ・Pythonの追加
 ・配点の見直し
  ・セキュリティの配点を増やす
  ・アルゴリズムやプログラミング言語の配点を増やす

Post navigation

Comments are closed.