創屋ぷれす

OPQ分析

OPQ分析とは、相手に伝わる(読んでもらえる)文書を作成する為の分析手法の1つです。
主にプレゼンなどの相手に提案する資料を作成する時に使用します。

終始一貫している考えは、相手本位という目線です。
文書を書く前にOPQ(+A)に沿って以下を分析します。

1.Objective(望ましい状況)
 相手の理想や目標の状態。
2.Problem(望ましい状況とのギャップ)
 理想に至るまでの解決する課題。
3.Question(読み手の疑問)
 相手が抱く、課題の解決方法に対する疑問
4.Answer(読み手の疑問に対する答え)
 課題の解決方法

ここまでできたら、課題の解決方法の根拠を集めて、
文書を作成します。

Comments are closed.