創屋ぷれす

フーリエ変換 とは

ある関数があった場合、その関数を複数の周波数をもつ正弦波の合成で表すことができる。
フーリエ変換は 周波数の関数に変換することです。
時間tで変化する関数F(t)を 周波数ωの関数F(ω)で表すという使われ方でしょうか。
別の視点でデータを見るという事では、非常に便利です。

フーリエ変換の定義としては、無限個の正弦波の合成と表すが、
現実では、データは有限なため、有限個の正弦波の合成として表すことをします。

あるデータをフーリエ変換する場合に気を付けることとしては
そのデータに含まれる特徴点や変化点が、どこで発生したかわかりにくくなります。
フーリエ変換する場合は、どのぐらいの周期が欲しいのかを意識する必要があります。

Comments are closed.