創屋ぷれす

守破離

千利休の「規矩作法 りつくしてるとも るるとても 本を忘るな」を引用したと言われています。

 

その道を極めるための3段階のプロセスとされており、

守:師匠の教えられた型を守る

破:アレンジを加えていき、型を破る

離:自分の型を創意工夫するために、型から離れる

といった具合です。

もっとかみ砕くなら、

守:セオリー通り、教科書通りやる

破:自分なりのやり方にアレンジしていく

離:自分のやり方で新しいセオリーを生み出す

 

物事を始めるにあたり、この守破離の考えは大切で、

いきなり破や離を実行する人は成功は難しいでしょう。型(基本)がありませんから。

誰かが言っていた言葉ですが、「型があるから『型破り』」です。

Comments are closed.