創屋ぷれす

データ分析とは新しい発見をするものだという先入観を、データサイエンティストの側が与えてはいけない

とあるブログの著者が言っている格言みたいなものです.


データ分析=新しい発見をするもの,という先入観はあるような気はします.
(先入観というか期待ですかね)
そのような先入観を与えると,期待値だけが高まり,分析結果の受け取り方に理想と現実のギャップが生まれる,可能性があるよ,という感じですかね.

これはAIでもいえることで,AIは何でもできる魔法のツールという勘違いがあることを,たまに感じます.
そういう勘違いをさせるような触れ込みをしているAIベンダーはまずいと思いますし,そういう勘違いを訂正していくことも大事なことだと思います.
(減ってきたと思います)

Comments are closed.