創屋ぷれす

EDI

EDI(Electronic Data Interchange)とは、直訳すると
「電子データ交換」という意味です。

企業間での取引で注文書や請求書のやり取りは
紙で行われていることがいまだに普通のところが多いですが、
それを電子データ化してやり取りします。
各伝票(紙)を郵送せずにPDFの送付で済ませる、という事も行われていますが、
さらに一歩進めて、通信プロトコル・伝票のフォーマット等も定めるのがEDIです。

そこまで共有することで、企業間での各データの反映が高速になり、
売り上げの把握、在庫のデータからの材料の過不足の判断、
等にロスがなくなり、コスト削減できるというメリットがあります。

ただし、各データのフォーマットの統一をしなければならないので、
多業種・多会社間の取引がある企業等は
導入のコストがかかる、というデメリットがあります。

Comments are closed.