創屋ぷれす

DebugHeap

その名の通り、Debugの際に使われるものです。

 

特にVisual Studioの話をすると、

開発時にリリースモード、デバッグモードでのビルド・実行ができるのですが、

デバッグモードを使うと、このデバッグヒープが使われます。

(使用しないようにすることもできます)

 

デバッグヒープは

バッファオーバーランやメモリリークを検出することができます。

リリースビルド時よりも大きめのメモリ領域を確保して、

メモリリークした際にその情報を大きめのメモリ領域に、

確保し、開発者はそれを知ることができます。

 

詳細は以下のページをご参照ください。

https://docs.microsoft.com/ja-jp/visualstudio/debugger/crt-debug-heap-details?view=vs-2017

 

Comments are closed.