創屋ぷれす

フィット&ギャップ分析

フィット&ギャップ分析について調べました。

フィット&ギャップ分析とは・・・
パッケージを導入する際に、そのパッケージで
出来る機能と業務が一致している箇所はどこか、一致していないところはどこか。
というのを分析することです。

業務と一致していない場合は、追加で開発をしたりカスタマイズが必要になるため
その際の費用を計算して、導入するかどうかを見極めたり
そもそも業務の運用を変えることを検討したり出来る。

この分析を行わないと、無駄なパッケージを入れてしまい
利用者が混乱したり、無駄な費用が発生したりしてしまうので
気を付けましょう。

また、パッケージに限らず、何かを開発するときにも、使える手法だなと思って見ていました。
営業の人とか、トップの人たちではなく、開発したものを実際に利用する人(現場の人)が
本当に欲しい機能は何か。というのはちゃんと把握する必要があると思います。

Comments are closed.