創屋ぷれす

2025年問題

2025年問題について調べました.

政策研究大学院大学名誉教授の松谷明彦さんは以下のように説明しています.
「これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。15歳~64歳の生産年齢人口が7,000万人まで落ち込む一方で、65歳以上の人口は3,500万人を突破する。2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことのない『超・超高齢社会』を迎える。」

・社会保障費の増加
・病院/医師の不足
・認知症患者の増加
・年金が払われない
・要介護者の増加
・孤独死の増加
などの諸問題が発生することが予想されているそうです.

1人1人がどう対策を取ればよいか分からない,難しい問題ですね…
詳しくはこちらから.

あと8年も経たないうちに必ず訪れる「2025年問題」 報道されないリアルな将来とは

Comments are closed.