創屋ぷれす

フレーム意味論とは

人間が行動するって、なにげなくて、当たり前のことです。
無意識のうちに判断しているのですが、なにせ「無意識」なのです。
知識や情報って無限大ですから、今行動することと無関係なことを杞憂したって無駄です。
人間はすごいですね。
無意識に判断しています。
機械に同じような判断をさせることは、とても難しい。
人工知能の研究分野では、行動は決まった枠組みの中でなされている、そういう概念がフレーム理論
↓ 同ブログ創屋ぷれすを参考に。
フレーム理論とは?

↓ このフレーム理論を基に、言語分析の分野においては・・・

フレーム意味論

言葉一つ一つには、意味(役割)があって、それ単独で意味が分かるものもあれば、
それと他の言葉も一緒に用いて、初めて意味を成すというものもあります。
例えば、同音異義語は、それ単独ではどっちの意味なの?と判断できないです。
ようは、百科事典的な知識、背景知識を取り入れたフレーム内で、語彙分析がなされています。

Comments are closed.