創屋ぷれす

UBER eatsって?

どんな言語の技術的な話なのかなーと思い、

検索をかけてみて一瞬驚きました。「デリバリーの話ですか?」

 

どうやらただのデリバリーではなく、アプリを用いて

飲食店、お客さん、そして「配達パートナー」をマッチングさせるサービスのようです。

飲食店は自前の配達員を抱える必要がなくなり、

また配達パートナーは副業的に小遣い稼ぎ、

お客さんはデリバリーをしていなかったお店の料理を楽しむことができると、

なかなか革新的です。

 

IT技術でサービスが広がるわかりやすい例だと思います。

 

Comments are closed.