創屋ぷれす

カイ二乗分布

推計統計学で広く利用されているものです。
独立に標準正規分布に従うK個の確率変数の二乗和だそうです。
どんなKに対してもこの二乗和が大きくなる確率はいずれも低くなるということから、Zが大きくなることは少ない(考えにくい)はずだ、という解釈になるそうです。
わかったようなわからんような・・・
おそらく事象に対して統計指標の一つとしてこの計算式にあてはめて確からしいとか怪しいとか推測するのに使うのかなー、と思いました。

引用

https://ja.wikipedia.org/wiki/カイ二乗分布

Comments are closed.