創屋ぷれす

KISSの原則

KISSの原則について紹介します.

Keep it simple, stupid (日本語訳:シンプルにしておけ!この間抜け)
または
Keep it short and simple (日本語訳:簡潔に単純にしておけ)
の略語です.
この言葉を造ったケリー・ジョンソンという方は後者を意図していたようです.
前者だとバカにする感じになってしまいますが,KISSの原則から外れている設計をしている人に対する憤りみたいなものから生まれたのかもしれませんね….

意味としては,プログラム等の設計を行う際にはシンプル(簡潔,単純)であることを大事にするということになります.
シンプルな方が可読性・変更のしやすさが向上するので,(プログラムなら)最初のコーディング者以外の人の目・手に優しくなります.
(プログラムは書かれることより読まれることの方が多いという説もある)
時間・労力を惜しんでシンプルではない設計をしてしまうと,変更する際の労力が増えてしまい負の連鎖が始まってしまう可能性もあります…

時短で雑なプログラムを書くより,多少時間がかかってもシンプルさを保ちたいですね.
自分自身に常に問いかけて,プログラムを設計・製造しましょう.

Comments are closed.