創屋ぷれす

Polyfill

今日のキーワードはPolyfill。

 

異なるブラウザ、また同一種類のブラウザでもバージョンが違うと、

使用できるJavascriptのバージョンも異なります。

すると、開発者が実装したい機能が、あるバージョンのJavaScriptの機能にあるが、他のバージョンにあるかどうかを調べなければならならず、

大変調査コストがかかります。

 

PolyfillはこのようなJavaScriptのバージョンの違いによる機能差を埋めてくれるものです。

Polyfillに使用したい関数を実装すれば、どのブラウザでも機能させることができます。

 

ただし、新しいバージョンのJavaScriptに新しく追加された関数をPolyfillに実装し、

微妙に正式な仕様と挙動が異なる場合、これが後々バグの温床となる事があるので、注意が必要です。

 

 

Comments are closed.