創屋ぷれす

オートエンコーダ

ディープラーニングと共に語られる手法。
手法の特徴としては以下のようなものがある。
・隠れ層の次元が入出力より小さい
・入力と出力を与えることで自動で特徴量を学習できる
・特徴量の学習に教師データを使うようなものだが教師無し学習の位置づけ

対象の特徴を捉えるというのは人間が自然に行っていることですね。
人間を知るうえでもおもしろい技術だと思います。

以下の記事を参考にしています。
オートエンコーダ:抽象的な特徴を自己学習するディープラーニングの人気者

Comments are closed.