創屋ぷれす

スマホってほんとに世の中のためになっているのだろうか

今のご時世,高校生ともなると,ほぼ全員,スマホを持っている.
家庭環境によっては,小学生から持っている子もいるだろう.

学校の中だと校則であれこれ縛られているだろうから四六時中,スマホの画面を見ているってことはないだろうけど,家に帰ったら,ずっとスマホを見ている学生が多いのが現状ですよね.
10代の多感な時期に,スマホの世界しか知らない人がたくさん生まれていってる.

20代・30代の人たち,あなたの趣味はなんですか?
なにをして休日を過ごしていますか?

10代の人たち,ちゃんと本音で友達と会話していますか?
波風のない無難な人間関係が最も優れていると思ってたら大間違いだよ.

音楽を聞いたり 映画を見たり 読書したり 絵を見たり
それらの感想を友達と言い合ったり
海や山へ行き,実際に自然を肌で感じたり
野球でもサッカーでもバドミントンでもバレーでもバスケでもなんでもいい没頭できるものを今からでも探そう.

実際に,見聞きしよう.肌で感じよう.

VRとかARとか言われているけど,僕は嫌いだ.
今のままだと,人間はおかしいことになりそうだ.
喜びや悲しみや痛みといったものを知らない人ばかりになりそうな気がする.

なにから なにまで スマホの中
なにから なにまで 仮想空間の中

人間関係もリセット一発 再起動一発

何かが違う.
スマホは,ほんとうに人生を豊かにしれくれているのだろうか.
使い方の問題と言われたらそれまでだが.

Comments are closed.