創屋ぷれす

スターリングエンジン

スターリングエンジンについて調べたので,書いていきます.

〇スターリングエンジンとは
熱機関の方式の1つです.
シリンダーの中のガスまたは空気を外部から加熱・冷却することで、体積を変化させ、それにより仕事を得る外燃機関です.

カルノーサイクルを理想的に実現する仕組みで、熱交換を行うことで可能にします.
(完全にはカルノーサイクル以上の効率は得られない)

1816年にスコットランドのロバート・スターリングが発明して,名前の由来になっています.

〇特徴
・十分な出力を得るためには装置の大型化が必要
(最近では小型化が可能になってきて配電盤から熱をとっている工場もあるそう)
・装置が大型化するほど内部の気体を移動させるために必要なエネルギーが大きくなり損失が増大する
・内燃機関のような爆発がないので,静か

Comments are closed.