創屋ぷれす

BeagleBone BlackでAndroid

Android Development Kit for Sitara Microprocessors
ここから,下記をダウンロードして

TI_Android_JB_4.2.2_DevKit_4.1.1_beagleboneblack.tar.gz

これを展開して,mkmmc-android.shをちょろっと編集して実行

# ./mkmmc-android.sh /dev/sdb
Assuming Default Locations for Prebuilt Images
All data on /dev/sdb now will be destroyed! Continue? [y/n]
y
[Unmounting all existing partitions on the device ]
umount: /dev/sdb: マウントされていません
umount: /dev/sdb1: マウントされていません
umount: /dev/sdb2: マウントされていません
umount: /dev/sdb3: マウントされていません
umount: /dev/sdb4: マウントされていません
[Partitioning /dev/sdb…]
DISK SIZE – 7742685184 bytes
CYLINDERS – 941
[Making filesystems…]
[Copying files…]
[Copying START_HERE folder to boot partition]
[Copying all clips to data partition]
[Done]

正常に書きこまれたようだ.
MicroSDの中は,次のようになっていた.

デバイス ブート 始点 終点 ブロック Id システム
/dev/sdb1 * 1 9 72261 c W95 FAT32 (LBA)
/dev/sdb2 10 244 1887637+ 83 Linux
/dev/sdb3 245 479 1887637+ 83 Linux
/dev/sdb4 480 941 3711015 c W95 FAT32 (LBA)

出来上がった,MicroSDをBeagleBone Blackに差し,起動.
あっさりと動作.

参考にさせてもらったサイト
アンドロイドな日々 「BeagleBone Black で Android を動かす」
むむぱいのブログ 「BeagleBoneBlack + android 起動」

Comments are closed.