創屋ぷれす

深海のYrr(イール)


海洋SFアドベンチャー?3巻構成ですが、それぞれの巻で傾向が違っていて結構楽しめます。ストーリーに絡めてメタンハイドレートや海洋生物についての詳しい描写もあり興味があればさらに引き込まれます。

上巻を読み終わった時点では、展開(というかオチ)がどうなるか読めず、久々に続きを買いに走りました。

主役の一人、ヨハンソンの渋さが魅力的。
作者がドイツ人というのも自分にとってはちょっと新鮮。

そういえばメタンハイドレートって、日本でのポスト石油と聞いたこともありますが・・・wikipediaや以前観た「NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅」と本書を鑑みるに・・・ちょっと採掘には危険が。ああ、太陽の黙示録にもでてましたね。

Comments are closed.