創屋ぷれす

64bitプロセッサ及び64bitOS

64bitプロセッサ及び64bitOS について調べたので書いてきたいと思います.

〇bitとは
「32bit CPU」「64bit CPU」といったように「〇〇bit」という言葉がよく使われます.
「bit」は2進数の一桁を表す単位で,コンピューターが扱える情報の最小単位です.

1bitでは0と1の2種類の情報しか表せないが,2bitになると「00」「01」「10」「11」と4種類の情報を表すことができます.
簡単に言えば,1bit増えるごとに扱える情報量は2倍になっていきます.

〇64bitプロセッサとは
上述のbitの話を踏まえると,64bitプロセッサでは扱える情報量が格段に増えます.
32bitプロセッサでは,扱えるメモリー空間は最大4GB(約40億バイト)までですが,64bitプロセッサなら理論上は最大16EB(16エクサバイト、約1600京バイト)のメモリーを扱えることになります.

〇64bitOSとは
64bitプロセッサに対応したOS,または最適化されたOSのことを指します.
64bitプロセッサの能力を(フルに)活かせるOSですね.

また,64bitプロセッサでは32bitOS,64bitOSどちらも扱うことができますが,32bitプロセッサでは32bitOSSしか扱うことができません.

最近だと,64bitが標準になっているのではないでしょうか.
(ハード・ソフトともに)
迷ったときは64bitを選択すれば良いかと~

Comments are closed.