創屋ぷれす

Deep Learning とは

Deep Learning(深層学習)とは多層構造のニューラルネットワークを用いた機械学習の手法の1つ。これにより、強いAIの実現が期待されている。

2012年に開催された画像認識コンテストで、Deep Learningを使ったチームが圧勝した事で注目され、現在、Google/Facebook/Microsoft社などが実用化を進めている。

機械学習アルゴリズムのニューラルネットワークは、1960年代から存在していた。近年のデータ量の増加とコンピュータの処理能力の向上により、実用レベルに達した。

■ ニューラルネットワーク
脳機能に見られるいくつかの特性を計算機上のシミュレーションによって表現することを目指した数学モデル。

■ 強いAI・弱いAI(Strong AI and Weak AI)
・強いAI:人間の知能に迫るようになるか、人間の仕事をこなせるようになるか、幅広い知識と何らかの自意識を持つAI
・弱いAI:単なる特定問題解決器としてのAI(ディープ・ブルーのようなチェスプログラム)

ちなみに、この区別で IBM Watson (コグニティブシステム) を考えると、強いAIではなく、弱いAIとしての実用性を高めようとしていると言えます。

Comments are closed.