創屋ぷれす

テレワークとは

テレワークについて調べました

テレワークとは・・・
企業におけるコスト削減や人材確保はもちろん、労働者にとっては通勤時間の削減によるワークライフバランスの向上など様々なメリットがあります。
社会にとっては国が抱える様々な問題に効果があると注目を集めている働き方です。

在宅勤務ではダラけて生産性が落ちるという懸念がありますが、
「サボっていると思われないよう、きちんと結果を出さなければ」という意識が高まり、むしろ生産性は上がるそうです。

ですが、実際にテレワーク制度を導入している企業のなかでも、「制度があっても肩身が狭くて使いづらい」
「正しい人事評価がしづらい」「従業員同士の間で不平等感が生まれる」などの課題が指摘されており、
上手く活用できていないケースは非常に多いようです

そこで、制度を平等に利用できる環境づくりも重要だそうで、
制度を利用しない人にも、『使おうと思えば使える』という選択の機会を用意すること。
生産ラインなどの現場で働く人でも、月2日ほど報告書を作る日は在宅でOKという制度にするなど、何らかのやり方を考える。
逆に100%在宅勤務が可能な業務あっても、本当にずっと自宅で仕事をしているとメンタル面で孤立感が深まるし、
インフォーマルな情報が入ってきにくくなるなどのデメリットがあるので、最低でも週1日は必ず出社するべきだそうです。

ただし、テレワークの導入で従業員が『働きすぎ』になる可能性が高まる点は課題で、四六時中仕事ができる環境が整うがゆえに、
勤務時間外でもメールに反応してしまったり、資料を作ってしまったりして、ついつい労働時間が伸びてしまう。
『在宅勤務を利用する日は残業をしない』などというマネジメントを徹底することは必要だそうです

Post navigation

Comments are closed.