創屋ぷれす

コンパイル型/インタプリタ型 言語

プログラムを行う再に書いているプログラムは、
人は読んで理解ができますが、機械が読んで実行することができません。

機械がプログラムを理解し、処理できるようにするために機械語に翻訳する必要があります。

この翻訳処理のタイミングによって、
 コンパイル型のプログラミング言語
 インタプリタ型のプログラミング言語
に大別されます。

コンパイル型では、プログラムを作成したらビルドを行い機械が実行可能なファイルを作成します。
インタプリタ型では、プログラムの実行タイミングで機械が読み取れる情報に変換し処理をします。

Comments are closed.