創屋ぷれす

DX事例:JRの線路点検

JRは、列車を安全に運行させるため日々線路の点検を行っています。
その路線の長さは7400Kmにもなり、かなりの労力がかかっていました。

レールの歪み、材料の劣化、電線などをセンサーや画像認識でモニタリングする無人点検の導入が行われています。

JR西日本では、点検の自動化により年間16億円のコスト削減が期待できるとのことです。

Comments are closed.