創屋ぷれす

会話はなぜ成り立つのか

同じ言語を使うだけで会話はできるのでしょうか。

言語が同じでも、生きてきた背景、経験してきた事柄、前提知識や常識が違っていれば会話には齟齬が発生するでしょう。

人に何かを伝えるときは相手が何を知っていて何を知らないのかを考えなければいけません。自分が理解できる説明の仕方でも相手は理解できないかもしれません。

日常会話からプレゼンに至るまで、何かを伝えるときは相手が誰なのかによって伝え方を変えることが円滑なコミュニケーションに繋がるかもしれません。

Comments are closed.