創屋ぷれす

単語・文節

単語とは
wikipediaでの定義は「言語の構成単位の一つであり、一つ以上の形態素からなる。単語が集まることで句、節、文が作られる。」です。
分かりやすい説明としては、文章を国語辞書で引き当たる単位で細かく分解したものです。
「〇〇が××と△△に行った」という文は「〇〇」「が」「××」「と」「△△」「に」「行っ(行く)」「た」に分解されます。

文節とは
これもよくある説明なのですが、文章を「ネ」で区切って分解したものです。
「今朝、朝食で納豆を食べた。」という文は「今朝(ネ)」「朝食で(ネ)」「納豆を(ネ)」「食べた。」と分解できます。

Comments are closed.