創屋ぷれす

みずほ銀行、またもシステム障害

みずほ銀行でまたもやシステム障害が発生しました。

金融庁が異例の直接管理を行い始めた矢先のことです。

現場を実際に見ているわけではないですが、ここまで障害が続いてるとなると、人災ではなくシステム構造そのものに問題があるように思います。

規模が極めて巨大な上にレガシーな言語が使われているため、管理をするのが非常に難しいという状況です。

将来的にまた障害が起こるリスクは低いと言えません。

みずほ銀行ほどのメガバンクが仮に信用を落として業績が急激に悪化していくようなことがあれば、株価をはじめとした日本経済そのものへの影響もかなり大きいものとなります。

 

今後の金融庁の直接管理で問題が解決の方向へ向かうことを願うばかりです。

Comments are closed.