創屋ぷれす

人間の耳と音の大きさの単位dBについて

人の耳は、空気中を伝わる圧力の波を「音」として認識しています。
圧力とだけ聞くと気圧や、構造物の耐久性を表す単位としてパスカル[Pa]という単位がよく使われる印象ですが
音の場合は、ベル[B]という単位が用いられれます。

この二つの大きな違いは、
Paはエネルギーに比例しますが Bはエネルギーの対数に比例します。

人の耳は、様々なフィルター機能を持っていて。
また、ものすごい大きな音でも、ある程度大きさを抑えた状態で認識する
カクテルパーティー効果といったライブ会場などいろいろな音が混ざり合う中でも、特定の音を聞き分ける
といったことを無意識に行っています。

人の感覚に近いBという単位が使用されているというのを聞き
物理学にも人の感覚が組み見込まれているという面白さを感じました。

Comments are closed.