創屋ぷれす

東京オリンピック2020 が始まり

スポーツ観戦大好きな私は、ここ最近オリンピックが楽しいです。

その昔は、マラソンや駅伝、ゴルフとか、、、、
朝、テレビを点けてはいっていたら、
つまらんなーとがっくりしていました。
結果がでるまで長いじゃないか、
始めから最後まで貼り付いて観ている人は、どんな心境なんですかー

よく、じいさんがプロ野球のナイター中継をずーっと観てたけど、
ただの暇人としか思っていなかった。

が、なんか最近、始めから終わりまで観れるようになったというか、
退屈せずに観ている自分は何なのでしょう。
ただの暇人ですか?いや、ただ好きで観ているだけです。
というのか分かってきた。

そして、観ていて勝ちそうか、負けそうか、
アスリートの表情で分かる時があった。
始めは押されてても、途中で調子がのってくれば顔に出てくる。
ペースを掴むトリガーが絶対にあって、
それは、ずーっと観てると遭遇する。
ここが面白いです。

スポーツ写真家の青木紘二氏(現在、株式会社アフロ代表取締役)という人がいます。
オリンピックの現場でアスリートたちの写真を撮り続けてきた人です。

柔道の柔ちゃんこと「谷亮子」は、アトランタオリンピック(1996年)は銀メダル。
決勝戦で入場してくる時の表情で負けるなと分かったそうです。
へー、勝負する前で分かるんか、、、、

Comments are closed.