創屋ぷれす

CentOSサービス終了

Linuxディストリビューションの一つであるCentOSへのサポートが今年の末で終了するとのことです。
CentOSはRedHatという企業が開発しているRHELの無料版として再構築されたもので、無料で利用できてRHELとの互換もあるということで、広く支持されてきました。

そんな中サポートの終了が発表され、利用者は後継のCentOSStreamや商用のRHELに移行することを迫られています。
CentOSの共同創設者であるGreg Kurtzer氏もこの発表に不満を持っており、Rocky Linuxなる新プロジェクトを発表しました。

CentOSの後継の座は誰のものになるのか。また、Ubuntuからシェアを奪還するきっかけとなるのか。混乱はしばらく続きそうです。

Comments are closed.