創屋ぷれす

加賀市で電子投票を検討

石川県加賀市が市の政策に関して電子投票の実現を検討しています。
これは、当市が進める行政サービスのデジタル化の取り組みの一環です。
特にブロックチェーン技術を活用する方針だそうです。

電子投票は北欧などの先進国では既に実現しており、
自宅からインターネットで投票しています。
日本ではまだ電子投票システムは普及していないので、
同一人物による2重投票などの不正が行われないか不安な人も多いと思います。

加賀市はブロックチェーンだけでなく、個人を認証するシステムについても検討しています。
その為、上記の問題も解決し、電子投票が実現する可能性は高いのではないかと思います。
高齢者など、インターネットの環境がない人も多いかもしれませんが、
将来的なことを考えると、どんどんデジタルトランスフォーメーションを進めて欲しいと思います。

Comments are closed.