創屋ぷれす

2025年の崖 とは

2025年の崖


2018年に経済産業省が「DXレポート」というものを発表しました。
DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~
(※DXレポートの「DX」は、デジタルトランスフォーメーションのことです。)

システムは老朽化するものです。
使い続けていると、そのうち崖っぷちに立たされる時がやってくる、それが2025年頃だと。

ハード自体、壊れることがなければ、限りなく使い続けているというのが企業の現状です。
しかし、ハードはいずれ壊れます。
そうなった時に、慌てることになります。
同じものを調達するのは困難でしょう。もう、この世に存在していないから。
OSやプログラム言語はバージョンアップされていて、レガシーシステムはそんな環境下で
動作しなくなったり、意図しない動作をしたります。
なんと言っても、システムの面倒を見れる人=レガシーシステムに精通したエンジニアも、
減少していくわけで、ほんとうに厄介なことになります。

そういった危機感をもっていれば、早めに手を打たなければいけないはずですが・・・

私たちシステム屋がすべきことは、システムの刷新や不要なものは廃棄、といった提案で、
運用を新システムに合わせる、変革するDXの考え方に準じないといけないです。

Comments are closed.