創屋ぷれす

衣料業界のコロナ事情

昨日はコロナの影響で、外食が減ってスーパーで買い物する人が増えたという話をしました。
今朝の新聞では衣料業界のコロナの影響の話がありました。

昨年はあまり雪も降らず歴史的な暖冬で衣類の在庫が余り、今年はコロナで外出が減って
衣類の売り上げが減り、結局衣料品の在庫が過剰になっています。

衣料業界では、川上、川中、川下という言葉があります。
川上で糸や繊維を作り、川中で製品を作り、川下でデザインやマーケティングを行っています。

川下で在庫がだぶついているので、川上や川中の企業の仕事の受注が止まって苦境に立たされている状態です。
コロナを逆手に取ってマスクを作るといっても穴埋めできる程ではないと思うので、早くコロナが終息してほしいです。

Comments are closed.