創屋ぷれす

逆転無罪判決

今朝新聞を見ていたら、介護施設でドーナツを食べた高齢者が窒息して亡くなり、
准看護師さんが過失を問われた事件の裁判で、
1審とは逆の無罪判決が2審で出たことが大きく取りざたされました。

判決の要点は以下になります。
・高齢者が以前そのドーナツを食べていた。
・介護士らでは、事件発生前にドーナツを与えないように決めていたが、准看護師にはそのことを
 知らされていなかった。

この判決は、現在の高齢化社会を支える介護士や看護師など福祉に携わる人に影響を与える為
社会的に注目を浴びています。過度な過失を問うような社会にはして欲しくないですね。

Comments are closed.