創屋ぷれす

グラフ理論

頂点と辺の集合で構成されるグラフの理論です。

身近なところだとLANが思い浮かんだのですが、
頂点がパソコンで、辺がLANケーブルとか、、

他にもありますね、駅の路線図とか、SNSの友達のつながりなど、
あらゆる関係性を表現できますね。

グラフ構造で表現するメリットは
複雑な関係性でも分析が可能になることでしょうか。
あとは可視化できることが大きいと感じます。

薬学、生物学、物理学、言語学、社会科学、、
様々な分野で活用されています。

AIの分野でも、グラフニューラルネットワークというグラフ構造の学習手法があります。
頂点やグラフの特徴量を計算できるようです。

Comments are closed.