創屋ぷれす

交互作用特徴量とは

「特徴量エンジニアリング」では、特徴量をいかに抽出するか、
もっと豊かな表現にならないかを考えます。
その過程で「交互作用」を加える手法があります。

交互作用とは


2つの因子の積を求めて現れる相乗効果のこと

↓ 交互作用図を見ると分かりやすいです。
交互作用とは

横軸に条件、縦軸に点数、系列に群を表わします。
条件を変えると、それぞれの群について、同じように点数が上がったり下がったりしない、
変化の量が群によって異なるとか、極端だと真逆になる、
それを「相互作用が有意である」といいます。

Comments are closed.