創屋ぷれす

ABC予想

数学の分野では〇〇予想といったものがいくつもあって、
有名なものでは解決までに350年だか360年だかを要した
フェルマーの最終定理というものがありますし、
ポアンカレ予想という名前にも聞き覚えがあります。

表題のABC予想は1985年に出たもので、
2012年に京都大学の望月新一教授が証明論文を発表し、
2020年にようやく専門誌への掲載が決まったとのこと。

残念ながら内容の理解も説明もできませんが、
いろいろな記事を読むと「宇宙際タイヒミュラー理論」という、
あらたな理論を考案したとかで数学者にとっても難解なもなようです。

ちなみに、まだ完全に証明されたと認められたわけではないらしく、
検証はこれからも続くようです。

ところで、数学に関する情報を調べてみると、
この分野には歴史上とんでもない人物がいて、
その歴史の上に現代のIT/ICTシステムが成立しているとわかりますね。
(直接的には、ノイマン、ガウス、フーリエなど。間接的には数えきれないほど)

Comments are closed.