創屋ぷれす

トリプルメディア

インターネットが広く普及しデジタルでのマーケティングを考えなければならない時代に移り変わった中で、トリプルメディアという考え方が生まれました。

有料広告による「ペイドメディア」、自社ホームページなどの自己管理ができる「オウンドメディア」、SNS上などでの消費者からの評判である「アーンドメディア」の3つにメディアを分類するという考え方です。

 

ペイドメディアはある程度幅広く広告ができますがコストがかかり、オウンドメディアは正確に素早く情報が提供できますが閲覧者数が少なくなりやすく、アーンドメディアは”バズる”ことが出来れば効果は絶大ですが情報のコントロールが非常に難しい…といったようにそれぞれに長所短所が存在します。

これらを上手に組み合わせてマーケティングを行っていくことが重要になります。

 

参考サイト https://webtan.impress.co.jp/e/2017/11/08/27026

Comments are closed.