創屋ぷれす

プログラミング教育

2020年4月から義務教育(小学校)の中でプログラミング教育が必修化されるそうです。
時代が時代だなぁと感じる反面、先生って対応できるの?という疑問を持ちます。
実際、各都道府県で準備が進んでいるのはわずか7都道府県にとどまるらしいです。
残りは先生が十分な講習を受けていないとかICT環境が整備できてないとからしいですね。
先生、あれもこれもで大変ですね・・・
専門家に任せてしまえばいいんじゃないでしょうか

でもどうやら教えるのは直接プログラミングっていうわけではなくて、プログラミング的思考能力のことらしいです。
論理的に物事を組み立てて、目的を達成するという能力は何もPCを使うだけではないですよね。
多分、最初は手探りで始まるんでしょうけど、試行錯誤しながら進めていくのも悪くないんじゃないでしょうか?

答えがあって正解に導くというよりは一緒になって考えるというスタイルになりそうなので日本の教育も進みそう。
という期待をしています。

Comments are closed.