創屋ぷれす

マイナス金利政策

中央銀行の預金利率が0を下回るように調整する政策
お金を預けると金利を取られるという庶民の感覚からすると驚くようなことですが安心してください。
中央銀行に預けるのは各銀行ですので直接庶民の我々の預金金利がマイナスなわけではありません。
銀行は資金の一部について投資をすることなく中央銀行に預けるだけでも利子をもらえるわけですが、マイナス金利だと損になるというからくりです。
このことによってその資金をより経済活動に回すことによって経済を刺激しようというのがこの施策です。
なんとなく納得できるけど、専門家には反対意見もあるようです。

それにしてもパラメータ1つで市場を左右する経済学って難しくておもしろいですね。
いろんな視点で考えると良くも見えるし悪くも見えるし、これだから誰の予想も外れるんでしょうね。

Comments are closed.