創屋ぷれす

r>g(ピケティ)

この不等式はトマ・ピケティという人が、考えたものです。

何を表しているかを簡単に言うと
働いて稼ぐよりも、資産運用した方がお金を稼げますよ。っていうことです。
なので、たくさんお金持ってる人がどんどんお金持ちになっていき、格差が広がります。

朝礼でも出た例ですが
100万円を貯金するためにプラスにしたい場合
働いて稼ぐしかない人(g側の人)は、給料にもよりますがコツコツ貯めていかないといけません。
しかし、1億円持ってる人(r側の人)が年利1%みたいなところに預けると利子だけで100万円稼げてしまいます。
ローリスクですし、合わせて働いていると、その差は歴然ですね。

g側の人は諦めるしかないのか。というとそうでは無いと思います。(既にr側にいる人に勝つのは難しいと思いますが)
少しの金額でも資産運用をしていくことで、少しずつr側に近づけると思います。
老後2000万円必要とかいう話もありましたし、他人事では無いですね。

Comments are closed.